転職

【転職】24歳で未経験分野へ転職を考える人の背中を押す『あと一歩』

 

こんにちは。イカメ(@ikame_blog)です。

今回は転職を考え始める「24歳」に仕事を変えるだけでこんなにいいことがあるんだよ~っていうことを伝える記事です。実際に仕事を辞めるのってかなり勇気のいることですし、実際にやめた経験のある僕もとっても気まずかったことを覚えてます。(笑)

 

しかし24歳という年齢は未経験の業界に転職できる最適期なんです。

 

今の仕事を続けることに迷っている方、5分程度で読めますので是非ご覧ください。

なぜ24歳が未経験分野への転職に最適なのか

まず、24歳という年齢は大卒であれば第二新卒と捉えられるラストチャンス。会社に勤めて1年から2年の間に、ある程度のビジネスマナーが身についている年齢です。

そうなると会社としては新卒を雇うよりリスクが少ないんです

ビジネスマナーが身についている=教育の時間もコストもかからない

第二新卒=社会人経験がある分、新卒より扱いやすい

新卒は学生とのギャップで辞めてしまうことが多々ありますからね。下手に新卒を雇って辞められるより、やる気のある第二新卒を入れたほうがいいと考える企業も年々増えており、新卒以上に有利に就職できます。

24歳が転職をためらう理由

 

退職手続きが億劫

仕事を辞めるとなると上司に報告して、理由を聞かれて面談して、どんどん話が大きくなって辞める瞬間まで気まずくなるし…面倒くさい…

はい、そうです。仕事を辞めるのはだるいです。

24歳が仕事を辞めづらい点として「退職手続きが億劫」であることが挙げられます。中にはブラック企業勤めで「人が足らないからだめだ!!!」とか言ってくるク〇上司もいることでしょう。辞めるという前からどんな返答がくるかわかっているからこそ、なかなか切り出せませんよね。

 

最初の職は3年勤続というオカルトルール

加えてもう一点は「最初は3年続けないと、どこも採用してくれない」というオカルト話がこの社会に浸透していることです。これ、もうオカルトですからね??

たしかに勤続年数3年という点は「仕事を続けてくれそう」といった武器にはなります。しかしそれだけです。3年働いたという点は同じ業界であれば有利ですが、未経験の業界に転職するなら武器にはなり得ないでしょう。

それに、こういった古臭い偏見で人を見るような企業はろくな企業ではないです。こう言われるとむしろ「3年働かないほうがいい企業に出会えそう」な気がしてきませんか?

 

退職後に新しい仕事が決まるか不安

最終的にはこれです。自分をとってくれるのかという『不安』こそが24歳を転職させない魔物です。一度就職活動をしたことがある人なら、簡単に内定が決まらないことを知っています。もし今退職してニートの期間が1年もあったら…今までより苦しい生活を想像しちゃいますよね。

仕事を一度辞めている私は公務員になるつもりで仕事を辞めましたが、一度社会から離れると言葉どおりなんでもできるんです。なりたい仕事の資格をとるためにバイトしながら勉強したり、学生の頃のように週1回は飲みにもいけます。

 

公務員という安定した職を目指そうとしてましたが、辞めるとやりたいことが見えてきて今は全く別の仕事をしています(笑)ニートの期間が半年くらいありましたが、なんの問題もなく転職できました。私には特技も専門的な知識も何もありません。

 

煮詰まった状態で転職を焦るのではなく、一旦仕事を辞めてから人生を考えても全く遅くないですよ。24歳という年齢はじっくり人生を考えてもいい年齢なんです。

 

24歳が未経験分野の転職が超有利になる方法

 

出来れば学生のときに知っておきたかった転職に「超有利」な方法があります。そもそも年齢が有利という説明をしたとおり、未経験分野への転職は思ったより簡単です。

しかし、不安を抱えたまま仕事を辞めれない人のために「あと一歩、勇気が出る情報」を用意しました。

転職活動の不安の正体は「新しい仕事が決まるかどうか」でしたよね。それを払拭できる心強い味方が「転職エージェント」です。

転職エージェントはソシャゲでいう課金

 

転職エージェントは求職者の要望と、企業の求人をマッチさせる役目を担います。転職活動を一人でするのとプロを味方につけるのとではだいぶ「心強さ」が違います。

たとえばモンストとかパズドラでクリアできないステージがあったとしましょう。

そこで課金をしてガチャを回し、『超激レア』なキャラが出るとどうでしょうか。先ほどクリアできなかったステージに「挑もう」としませんか?

それはクリアできる確率が上がったからです。

クリアできなかったパーティ(一人の転職活動)より、ガチャを回して出てきたキャラ(プロ)と一緒に挑むほうが不安が減りますよね。

つまり転職活動において「転職エージェント」を利用することは「課金」に似ています。

 

課金なら「当たり」も「外れ」もある

もちろん転職エージェントを課金と捉えるのであれば当然、「当たり」と「外れ」があります。ガチャを回しても必ずしも強いキャラがでるわけではありません。転職エージェントも同じで利用するエージェント企業を間違えればそれは「外れ」です。大企業になればなるほど抱える顧客も多いので、ひとりひとりに対してのサービスの質が落ちてしまいます。

その盲点に気づかず、とりあえず有名な「転職エージェント」と謳う企業に登録しがちですが、それではあなたの「不安」は払拭できないでしょう。

不安を感じているあなたに今一番必要なのは、自分としっかり向き合ってくれる親身な転職エージェントです。何が言いたいかというと「中小規模の転職エージェントのほうが親身だ」ということです。

そんな中で僕が今回用意した情報というのは「アイデムスマートエージェント」という会社の転職エージェントです。『アイデムスマートエージェント 評判』で調べるとわかる通り、この会社の強みは「親身で丁寧なサポート」です。

DODAやリクナビに比べると求人数は少ないですが、それでも25万社以上の取引実績があります。求職者の志望にあわせて厳選した未公開情報などを紹介してくれる今最も人気の転職エージェントです。学生の頃とは違って社会人から転職する際はこんな便利なサービスがあるなんて…

イカメくん
イカメくん
学生のときに出会いたかった…

↓アイデムスマートエージェントはこちらから