イカ釣り

エギングの仕掛けおすすめ一覧-初心者向けの低価格帯タックル

エギング仕掛け

 

こんにちは。イカメです(@ikame_blog

エギング歴は10年ほどです。僕自身も初心者時代があり、ほかの人よりはセンスがなかったため、本屋やネットで情報を集めまくったものです。

ですので、感覚だけで上手くなる『天才』とは違い、理屈でエギングを上達してきた僕の説明はこれからエギングを始める初心者の方にわかりやすいはず!

今回は初心者でもアオリイカを釣りたい!と意気込んでいる方のために、エギングで必要な道具を順を追ってご説明します。

 

エギングの釣り方をざっくり理解しよう

すでに知っている人も多いと思いますが、エギングは「エギ」と呼ばれるルアーを使用してアオリイカ含むイカ全般を手軽に釣りあげてしまおうという釣りです。

釣り方はエギをつけて、海に投げ、ビュッビュッと竿をしゃくりあげてイカを誘います。

まずはざっくりイメージするために簡単に説明しています。正確には図のとおりです。

エギング

え?なにこれ??どゆこと??

初心者だったときはリーダー、ラインってなに???ってレベルでしたので、上の図を見てもわからなくて当然です。下のセクションでエギングに必要な装備について解説していきます。

 

エギングの基本装備(タックル)初心者向け解説

エギングの基本装備について解説していきます。まず必要なものはこちらです。

・ロッド・リール・ライン・リーダー・スナップ・エギ・ギャフ

 

ロッド(釣り竿)

エギングロッドはサビキ釣りなどで使う折り畳み竿とは違います。エギが操作しやすいように少し固めに、長く作られているのが特徴です。

ロッドの長さですが、初心者には8.3ft(フィート)がおすすめ。エギングはたくさんロッドを動かす釣り方なので、最初から長すぎると疲れやすく色んなトラブルを引き起こしやすいです。(冬シーズンから始める方は8.6ftがおすすめ)

予算に余裕があれば「ダイワ」や「シマノ」というメーカーのエギングロッドがおすすめですが、慣れてから新しい竿を買いなおすのであれば最初は無名のメーカーのロッドでも大丈夫です。

・釣り竿はエギング専用のものを買ったほうが早く釣果が出る

・初心者には8.3ftくらいの長さのエギングロッドがおすすめ

・できればシマノやダイワのエギングロッドが良い

 

予算に余裕がある初心者におすすめのエギングロッド

 

 

ダイワ(DAIWA) エギングロッド リバティクラブ 832M

ダイワのエギングロッドといえば「エメラルダス」というシリーズが有名ですが、値段は1万~2万。初心者のうちは何かとロッドを傷めやすいのでおすすめしません。

こちらのリバティクラブはその点はご安心。ダイワのエギングロッドですので、他のメーカーのものと比べて丈夫で長持ちしやすく、エギの操作性も抜群です。

Amazonで詳細を見る

 

 

予算に余裕がない初心者におすすめのエギングロッド

 

プロマリン(PRO MARINE) CB エギングバトル 86

初心者人気、評価の高いエギングロッドがこちらです。まだ釣ってもないうちはエギングの魅力なんてわかったもんじゃありませんから、そこまでお金をかけたくない気持ち、すごいわかります。

とりあえず試しで…という方でも1年以上、上手く使えばそれ以上は使用できるコスパ最強エギングロッドです。

Amazonで詳細を見る

 

 

 

リール

リールは種類がいろいろあって本当にわかりにくいです。ハイギアだの番台だのとにかくややこしいので、ここでは専門的な知識の説明は省略して「これがおすすめ」というリールだけご紹介します。

最低限必要な知識としてリールに巻く糸(ライン)が何m巻けるのかということ。エギングで使うラインはかなり細いため大体150~200m巻ければ十分です。

また、エギングでは『ドラグ』という機能がついています。糸がアオリイカの引きに応じて勝手に出るというものなんですが、エギングにおいて非常に大事な機能なので覚えておきましょう。

安すぎるリールはドラグが使い物にならない場合があるので、ロッド以上に重要視すべき道具です。

 

予算に余裕がある初心者におすすめのリール

 

ダイワ リール エメラルダス インフィート 2506W

予算に余裕があれば中級者や上級者も使っているエメラルダスがおすすめです。エギング専用のリールといえば間違いなくこのリールの名前が上がるほどの有名なモデルで、初心者にも扱いやすく、トラブルも少なく非常に丈夫。

軽いので長時間エギングをしても疲れにくいですよ。デザインもかっこいいのでゲットした瞬間からエギング大好きになってしまうかもしれません。

Amazonで詳細を見る

 

 

予算に余裕がない初心者におすすめのリール

ダイワ(Daiwa) リーガル 2506H-DH PE付

リールもまたダイワかシマノを選んでおけばとりあえずは安心です。このモデルは安価ながらダブルハンドルでデザインがかっこいいですよね。

最初からPEラインがついているので別売りでラインを買う必要がなく非常にお得。最初の予算を抑えたいけど、ある程度の耐久性は欲しい…という初心者におすすめのリールです。

Amazonで詳細を見る

 

 

ライン(糸)

釣りで使用する糸には種類があり、エギングで使うラインは「PEライン」もしくは「フロロカーボン」という糸を使用します。

最近ではプロのエギンガーがフロロカーボンを推していますが、慣れないうちは飛距離の出やすいPEラインを使って基本を学んでいくのが大事だと思っているので、今回はPEラインのみをピックアップします。

エギングで使うPEラインの太さは「0.6号~1.0号」が基本になります。細ければ細いほど飛距離が出ますが、岩や海底にスレてしまったときに切れやすくなってしまいます。

ですので初心者のうちは0.8~1.0号のラインを使うのがおすすめです。

初心者におすすめのエギングPEライン

 

SUNLINE PEライン ソルティメイト ULT HS4 180m 0.8号 6kg

釣り人なら知らない人はいないラインに強いメーカー「SUNLINE(サンライン)」です。このラインは4本の糸を編み上げて作られているため磨耗耐性が非常に高いです。初心者のうちによく経験する根ズレ、岩ズレにも強く、余計なことを気にせず使えるラインです。

Amazonで詳細を見る

 

 

リーダー

リーダーとはラインとエギの間をつなぐナイロン糸のことです。

エギングを始める前は「なんで?PEライン直結でいいじゃん」とか思ってたんですが、リーダーは非常に大切な道具です。

PEラインは非常に磨耗に弱いので、リーダーをつけていない状態でエギングをすると、つい強くしゃくった瞬間に海底のとがった岩でプツっと切れたりします。

それを避けるために使うのがこのリーダーです。PEラインよりも太いナイロン糸をエギとラインの間の「磨耗しやすい部分」に使用するため、エギをロストしにくくなります。

これからはじめる初心者の方のなかには「そんなにガチでやるつもりないし、いいや」と思う人もいるはず。絶対に使ったほうがいいですよ!!!

 

初心者におすすめのエギングリーダー

ユニチカ(UNITIKA) フロロカーボンライン エギングリーダーII 30m 2.5号 ナチュラルクリアー

個人的に一番信頼をおいているのがこの「ユニチカ」というメーカーです。このメーカーの糸は品質も良く値段も安いのでまさにコストパフォーマンス最強。パッケージのイカのイラストも大好きなので僕はいつもこれを使用しています。

リーダーの太さは1.5号から2.5号を使用しますが、最初はなるべく太めのリーダーのほうが安心できるので2.5号を選んできました。値段も500円ちょっとなのでおすすめです。

Amazonで詳細を見る

 

 

スナップ

エギとリーダーの間をつなぐ金具をスナップといいます。スナップはつけなくてもエギングはできますが、エギの色を変えようと思ったときにいちいち結びなおす必要があるため少し面倒になります。

スナップをつければエギの交換が超便利になるので、スナップの使用を推奨します。

ささめ針(SASAME) ローリング付エギスナップ

正直スナップはなんでも良いです。安いものを選んでもいいですし、好きなかたちのもので構いません。

 

 

エギ

エギングの仕掛けを考える上で主役になってくるのがこの「エギ」です。

100円~1500円ほどの価格帯で買えますが、デザインや色、特徴がまったく異なってくるため、初心者のうちは「どれが釣れるの…?」と不安になると思います。

でも大丈夫です。ちゃんとエギには季節や海の状況によって選び方が存在します。

エギの選び方についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

 

ギャフ

みなさん疑問に思ったことでしょう。

ギャフってなんぞや!!!!と。

ギャフは簡単に言うとイカを引っかける道具です。エギで足元まで寄せたアオリイカはサイズが大きければ大きいほどそのまま引き上げるのが難しくなってきます。

そこでギャフの登場です。ギャフでイカに針を引っかけて持ち上げてしまおうという道具なんです。

 

イカのサイズが小さい秋シーズンのエギングではあまり使用しませんが、冬から春にかけて3~4キロのモンスター級アオリイカを釣り上げるためには必ず必要ですので、最初に準備しておきましょう。

 

お手頃なエギング用ギャフ

ギャフは意外と高価で平均10,000~14,000円くらいします。(驚愕)

しかしこのギャフは4000円代と非常にお手頃。大手釣具屋でも安いギャフは取り扱っていないのでネット購入がおすすめです。

ひとつ、弱点として先端のギャフが小さいため獲物を捕らえづらいことですが、要は慣れです。エギング始めたてでお金のないころは僕も安いギャフを使っていました。

Amazonで詳細を見る

 

エギングでシャクリすぎるとアオリイカが釣れない理由

 

エギングの仕掛けおすすめ一覧-初心者向けの低価格帯タックルまとめ

いかがでしたか?文字におこすとややこしく感じるかもしれませんが、仕掛けはいたってシンプルです。初心者のうちはできるだけ費用を抑えて装備を整えてもいいかもしれません。

しかし長く使いたいのであればロッドやリールには惜しみない出費をおすすめします。僕自身初心者のころ安い竿を使っていてデカいイカがヒットする度に何度も折れてしまったからです…

お金のかけ方としてはリール>ロッド>ライン>エギ>リーダー>スナップという順番になります。ギャフは種類が少ないので少し痛い出費ですが、我慢しましょう…

 

エギングの仕掛けが大体わかったら、不安な人は一度釣具屋にいってみるといいでしょう。店員さんが丁寧に教えてくれたりしますよ!