BEAUTY

【最新版】顔のむくみをとりたい人必見の簡単解消方法

 

顔のむくみがひどい…外に出たくない

毎朝時間がないのに現れる顔のむくみ。朝起きて、さあ支度….!

『誰だ、これは』

顔はパンパンに膨れ上がり目なんて開けるのもつらい、いっそのこと仕事に行かなくてもいいのではないかとまで考えちゃいますよね。

通勤中に『昨日の晩酌がいけなかったのかなあ』とか『人に会いたくないな』といった思いを馳せ、なんだかシャキっとできない日、ありませんか?

原因を知ることももちろん大事ですが、この記事にたどり着いたあなたはきっとあまり時間がない、忙しい方だと思います。ですので今回は「朝5分のルーティーン」で簡単に顔のむくみを解消できる方法顔のむくみの原因を知るの二部構成で記事にしてみました。

 

イカメくん
イカメくん
顔のむくみがひどくて布団に戻りたくなるよな
社畜
社畜
うるせえ働け

 

時間がない人におすすめのむくみ解消方法3選

今回ご紹介するむくみ解消方法は大きくわけて3つ。

①顔、首などをマッサージする

②蒸しタオルやシャワー、お風呂などで物理的に温める

③枕を変える

共通して顔のむくみの原因になっているのは「血行不良」です。肩凝りや首コリが原因で血行の流れが滞り、老廃物がうまく体外に出ていけていない状態なのです。

ですので根本的に改善するのであれば普段の生活が非常に関係してくるのですが、それについてはまた後程お話いたします。

それでは「速攻」で解消するための3つの方法について詳しく解説していきます。

 

顔のむくみ解消方法①顔、首などをマッサージする

即効性の高いマッサージですが、コツを知った上で実践するのが一番効果的です!顔のむくみだから顔だけマッサージするのではなく、鎖骨からリンパ節の滞った流れを解消させていきます。

まずは鎖骨のくぼみをマッサージしていきます。鎖骨に指をひっかけてくぼみに向かって圧をかけていきます。中央から外側まで順番に10秒ずつマッサージしていきましょう

 

イカメくん
イカメくん
意識しないと鎖骨押したりしないよな

 

ステップ①で特に痛みを感じた部分に指を置き、圧をかけながら左右に10回、上下に10回ずつ首を振ります。これを行うことで特に血流の悪かった部分のコリが解消されます。

 

・少し痛気持ちいいくらいの圧をかけると効果的

・このマッサージをおろそかにすると顔のマッサージの効果が感じにくい

次に顔のマッサージを行っていきます。そのままマッサージすると摩擦で皮膚を傷つけることになるので乳液等を使って手が滑りやすい状態にするのがベスト。マッサージするときも血流を意識して行うと効果的です。

主に顔のむくみは指先でゆっくりと耳元へ流していくイメージ。このとき適度な力加減で行いましょう。目元、頬、口元から耳に向かって指でなぞるようにマッサージしていきます。

 

顔のむくみ解消方法②物理的に血管を温める

顔を物理的に温めると血流がよくなりむくみがとれやすくなります。昔から風のうわさで一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

時間があればしっかり湯舟につかってほしいところですが、朝風呂なんて習慣ほとんどの人がないでしょうから洗顔時で大丈夫です。

「冷たい水のほうがいいってきいたよ?」っていう人いませんか?

冷たい水を使うと感覚的にシャキっとした感じがしますが、一時的です。むしろ冷やすことで血行不良を悪化させてしまう可能性があるのでNGです。

しかし、『温めて冷やす』をループさせることで血の巡りがよくなる裏技もあります。実際に多くの人が朝の顔のむくみをこの方法で対処しているようです。

少し時間があるのであれば、濡れたタオルをレンジで30秒ほど温めて蒸しタオルを準備しましょう。

蒸しタオルを顔に乗せて2分くらい寝て待つだけでかなり効果を実感できます。筆者はむくみがひどいときは必ずこの方法で乗り切ります(笑)

 

・顔を温めることで血行がよくなりむくみ解消につながる

・蒸しタオルがおすすめ!

 

イカメくん
イカメくん
蒸しタオルが気持ちよくて眠く….Zzz

 

社畜
社畜
仕事仕事~~~~~~!!!

 

顔のむくみ解消方法③枕を変える

いま使っている枕が低い場合、寝ている間に受けた重力の影響で顔に水分がたまりやすくなります。本来体を循環しているものが顔に蓄積するのですから、起きたらパンパンになるのはあたりまえです!!!

枕選びのコツは『心臓よりも頭の位置が高いものを選ぶ』ことです。

顔のむくみだけでなく肩凝りなどの原因にもなるので一度寝具を見直したほうがいいかもしれませんね。

 

 

いつもの生活が「むくみ」に影響する

結局のところ顔のむくみの原因はさまざま。普段の食生活で塩分のとりすぎ、お酒の飲みすぎ、睡眠不足でコンディションも悪い状態が続くと体の機能そのものが低下し、むくみやすくなります。

また、むくみを恐れて水分摂取を減らす人がいますがこれは絶対にやってはいけません。体内の水分量が一定ラインを下回ると体が体内に水を蓄積しようとするのでなおさらむくみを発生させてしまいます。

健康的な生活を送ることは病気にならない目的だけではありません。外見にも大きく影響してくることを意識して、日々の生活を送りましょう。