HAIR

髪の毛をサラサラにしたいメンズのために改善方法をまとめてみた

 

髪質 改善 メンズ

昔よく検索したものです。

思えば小学生時代サラサラだった髪の毛も気づけばパサパサのチリチリに…サラサラにしたい一心で縮毛矯正やヘアアイロンにも手を出したけど手間がかかるし、痛む一方。

もう負のループなんですよ

今回は僕が今まで生きてきた中で効果を感じた髪質改善のルーティーンについてまとめてみましたので、1つでも覚えて帰ってくれよな!

まえがき

筆者は絶望的なチリチリ、ごわごわの硬い髪の毛で数年間過ごした経験がある。

ひょんなことから少しずつ髪質が改善していき…!

 

髪質改善①ドライヤーの方法を考える

どん。まずこれ超重要です。

先に言っておくと自然乾燥は髪の毛チリチリを助長させてしまうから絶対NG!必ず濡れたまま放置せずドライヤーを使いましょう。

ドライヤーは男なら「乾けばいいや」くらいのノリで使うと思うんですけど、髪とドライヤーの距離とか気にしたことありますか?

髪とドライヤーは最低でも20cm、30cm離れた距離で乾かすのが良いといわれています。アイロンなどを使わずともドライヤーの熱でも十分髪を痛める原因になるからです。

これは経験談なんですけど、ドライヤーの方法を変えただけで指の通り具合というか、髪は硬いままですが少しサラサラになったんです。

「これを使えば激変!!」っていうほどのテクニックではないにしろ、意識してればそのうち髪質が良くなってきます。

 

使うドライヤーも風力が強いものがおすすめ。風量が多いと髪に熱を長時間与えずに素早く髪を乾かすことができます。

 

①ドライヤーと髪の距離をちょっとだけ考える

②使うドライヤーは風力が強いとさらによし

 

髪質改善②風呂上りのタオルドライ

また風呂上がりの話になりますが、非常に大事。さらさらした髪質になるためには「キューティクル」という髪の毛のバリアがしっかり保たれている状態を目指さなければなりません。

メンズの皆さんは「いい湯だった~」とゴシゴシしてしまっていると思いますが、あの行為はキューティクルをバリバリに痛めてしまうので今すぐやめましょう。

じゃあ濡れた髪はどうすればいいの?って。まずは頭皮の水気をポンポンと軽くふき取ってあげます。

頭皮の次に髪の毛です。濡れた髪は傷みやすいのでターバンのように巻いて水気をとるのがおすすめですが、恥ずかしい方は揉むようにやさしくふき取りましょう。

乾かすのはドライヤーの役目ですから、ここではあくまで軽く水気を落とすつもりでタオルドライを行ってください。

 

 

 

髪質改善③シャンプーの革命

シャンプー選びは一度は試したことがあるのではないでしょうか。男といえども髪について悩むことは多いはずなので、自分に合うシャンプーは探して損はありません。

とはいえ400円台そこらのお手頃シャンプーは筆者には全く効果がありませんでした。

やっぱり毎日使うものにケチケチしちゃダメなんだねってすごく思った。うん。

だから極端に2000円とかするシャンプーに手を出してみた時期がありました。

 ULOS(ウルオス)というシャンプーで、ドラッグストアとかにおいてる中では圧倒的におススメされてました。

「うん、いいぞ!!!!?!!」

はじめて高価なシャンプー使ったんですけど、風呂上がりの爽快感とか髪質の違いとかに感動しました。

2年くらい愛用した後、洗浄力が強いのかちょっと頭皮が乾燥し始めたので別のシャンプーを使い始めました。

 MAROです。なんかCMで見たことあったのと、パッケージがかっこよかったので買いました。(俗にいうパケ買い)

このシャンプーを今ではずっと使っています。なんといっても髪にコシが出てきたのか、ヘアアレンジが抜群にしやすくなりました。

ワックスを多用する人には特におすすめですね。

 

。。。とまあこんなかんじで一度インフレをおこしてしまったが最後、1000円以上のシャンプーしか使えなくなっちゃったんですけど、髪質改善に本気で取り組むならいつもより値段の張るものでも試してみたらいいんじゃない?という話でした。

シャンプーにはお金をかけたほうがいい!!!(偏見)