LIFE

人付き合いが苦手で面倒な人におすすめの言い訳【仕事編】

 

人付き合いが苦手だと、一人でいるほうが楽ですよね。

断れない仕事関係の飲み会とか、仲良くない友達に誘われたりしても全く楽しめる気がしません。かといって断れば変な噂が立ってしまい、自分の立ち位置が危うくなります。

そんなとき上手い言い訳を知っていれば、人間関係を崩すことなくその場をやりきることができます。

今回は神経をすり減らすことなく、なるべく穏便に人付き合いを回避する言い訳をご紹介します。

 

人付き合いにおいてNGな言い訳

・ちょっと用事が…

・体調が悪くて…

・お金がなくて…

これらの言い訳は色んな意味でNGです。なぜならどの言い訳も勝手な推測を招きます。

【人付き合いでNGな言い訳①】ちょっと用事が…

飲み会に誘われたときに「ちょっと用事があって」といえば、その場は回避できますが、飲み会の場は愚痴だらけ。必ずあなたに矛先が向きます。

「あいつ付き合い悪いよなあ」

「いつも用事あるけど未婚だし、彼女もいなさそうじゃん」

など、どんどん推測は派生していき悪印象につながりかねません。

 

【人付き合いでNGな言い訳②】体調が悪くて…

体調が悪くて…は1,2回なら効果的ですが連続では使えない言い訳です。さすがに毎日会う人ですので、あなたが体調が悪そうかどうかなんてたやすく判断できるからです。

どれだけ真面目に働いていても、「嘘」がバレてしまうと信用問題になります。せっかく毎日頑張っていても水の泡…なんてことに。

 

【人付き合いでNGな言い訳③】お金がなくて…

お金がないと公然の場で言うのは、少し品がありません。そして言い訳としての効力も弱く、「おごってやるから!」と半ば強引に連れていかれてしまいます。

そしてそれを繰り返していくと「あいつは金がない貧乏だ」と見下されるようになってしまいます。この社会において金がないと刻印を押されると自身の品格にかかわってきますのでこの言い訳だけは絶対やめましょう。

 

 

人付き合いが苦手な人におすすめの言い訳【仕事編】

そもそもあなたはどのタイプでしょうか。

人付き合いが苦手な人のタイプ

①まわりと上手くやっていきたいけど、面倒だ。

②そもそも誘われたくない。人間関係なんかどうでもいい。

③気を遣いたくない。

上の①~③のタイプごとにおすすめの言い訳をご紹介します。

 

①まわりと上手くやっていきたいけど、面倒だ。

まわりと上手くやっていきたいあなたは、とても頑張り屋さんです。しかし人の目や評価が気になりすぎてどうしても楽しめず疲れだけがたまってしまいがちです。

人付き合いにおいてあなたのようなタイプは、相手に嫌な顔されないような言い訳がベストです。

たとえばこんなのはどうでしょうか。

「今日は20時から旧友と飲みにいくんです。」

この言い訳のキモは「20時から」「旧友」というところ!

 

冒頭でも話したとおり人は断られると勝手な推測をします。ですのでそれを逆手にとって推測できる範囲を先に指定してしまうのです。

「20時から」と具体的な時間を言うことで前もって計画していた予定が入っていることを嫌味なく伝えることができます。
「旧友と飲みにいく」という一言はまるで久しぶりに会う約束のように聞こえますよね。

 

こうなると誘ったほうが無理強いすることができなくなります。久々の再開、しかも前もって決まっていた予定を奪うと自分が悪役になってしまうからです。

 

まわりとうまくやっていきたいのであれば、言い訳はできるだけ具体的に述べましょう。

悪役は自分ではなく相手だと思い知らせることで人間関係や立場をキープしつつ面倒な人付き合いを回避することができます。

 

②そもそも誘われたくない。人間関係なんかどうでもいい。

どうにでもなれタイプのあなたは一番やりやすいです。人付き合いを回避するうえで自分の立場を気にせず毅然とすることが最も重要だからです。

申し訳なさそうに断るのではなく、特に理由も言わず「遠慮しておきます」の一点張りがおすすめです。

しかしこのタイプの人は次第に人に敬遠されていきますので、結果的に自分を苦しめる結果になります。自己責任でお願いしますね☆

 

③気を遣いたくない

上司のいる飲み会では下っ端が気を遣うのが社会のルールになってますよね。①と似ていますがとにかく負の感情のほうが大きい人がこれに該当します。

このタイプの人におすすめの言い訳は2つあります。

1つは

「不動産の人と打ち合わせがあって…」

です。

この言い訳は別に不動産でなくてもいいんです。大事なのは「生活に必要なことだと思わせること!」

上司はうやむやに避けられるのを嫌う人が多いです。具体性のある、しかも今日じゃないといけなそうな言い訳がベストですね。

しかしこの言い訳のネックなところは、前もってなんの出来事がある予定なのかを考えておかなければならない点です。

不意打ちに弱いので結果は5分5分といったところでしょうか…

生活に必要な言い訳が効果的!

 

もう1つは

いいですね!行きましょう!

です。

 

これはその飲み会に来る人数がどれくらいいるのかが大事になってきます。とりあえず行くと返答しますが、もちろん行きません。

つまり、大人数であれば「忍法影隠れの術」が使えるというわけです。しれっと消えてしまいましょう。

 

まとめ

人付き合いが苦手な人のための言い訳をご紹介しました。最後はネタっぽくなりましたが、これは二次会に行く直前にも使えるのでおすすめですよ。(笑)

できるだけ角をたてずどう断るか。大事なのは具体性と態度にあります。

存在しない予定を言い訳するとき、だいたい白々しくなってしまいます。そこに具体性を持たせて伝えるだけで「まるで本当の予定がある人のように」見えるようになります。

言い訳は多用注意ですが、ありふれた断り文句を少しひねってみるだけで日常生活に支障をきたすことなく人付き合いを回避できるようになりますので、ぜひ実践してみてください。