ワークスタイル

実在する楽なアルバイトおすすめ-仕事が続かないあなたに

 

お金にどうしても困って、仕方なくアルバイトを探しているあなたのために今日は今まで僕が経験した楽なアルバイトだけを厳選してご紹介いたします。

大学生であろうと社会人であろうと、アルバイトは一度は通る道です。適当に選んでしまうとのちのち面倒になってくるので、この先楽して稼ぎたいのならバイト選びは真剣に行うべきです。

この記事では楽なバイトの選び方と、働いた経験のある職種やエピソードなどをまとめています。なかには高時給のアルバイトも特集してるので最後までご覧ください。

 

一般的なバイトの選び方

一般的なバイトの選び方編です。

「長時間働くのは疲れる」「怒られたくない」「人間関係が面倒くさい」「はたらきたくない」などのアルバイトが嫌な理由を最初に考えてみましょう。その中から自分の譲れないポイントを2つに絞ります。

その後自分がアルバイトに求める点を1つ考えます。高時給、職種、やりがいなどですね。

たとえば自分の最も嫌な点を「①長時間労働はしんどい、②家から遠くは面倒」と設定します。そして最もアルバイトに求める点を「高時給」と設定すれば、家から近くの短時間かつ高時給なバイトの中から自分の条件に合った職を探せるようになります。

自分にとって最も嫌な点を避けたバイト選びができるので、雇用された後も大きなストレスを抱えることはないでしょう。

 

とにかく楽して稼げるアルバイトの選び方

一般的な選び方では辿り着きにくい、楽なアルバイトの選び方編です。

できるだけ楽なバイト、とにかく自分にとって都合がよくて、時給も高くて、家からも近くて…みたいな。とにかく自分の生活メインにお金を生み出したい人向けの選び方です。

基本的な職探しは求人サイトで行いますが、その際に気をつけてほしいことが3点あります。

①複数の求人サイトを比較検討すること

②自分が少しでも嫌だと思う点があれば応募しないこと

③会社の規模が小さいこと

 

①複数の求人サイトを比較検討すること

マイナビバイトやIndeed、バイトルなど、求人サイトはいくつも存在しており、その媒体ごとに掲載しているアルバイト情報が違います。

自分の求める条件と一致する求人情報がなかったとしても、ほかの求人サイトには掲載されている可能性があります。

大半の人は選ぶのを面倒くさがり、大手求人サイト1つの中から適当に選んでしまいがちですが、基本的にあまり条件の良い案件は見つかりません。それはなぜか。

大手求人サイトほど、求人にお金がかかるからです。

例)求人にお金がかかる=大手企業ばかりが大手求人サイトに集まる=大手企業は面倒なことをアルバイトに任せがちだから良い案件が少ない

たとえば、あなたは小さな会社の社長だとします。

大手サイトAに求人広告を出す場合は20万円かかるが、中小企業の求人サイトBであれば5万円で済むとしたらどちらを選びますか?

求人広告費をなるべく抑えたいならBを選びますよね。

こういった中小企業の求人は比較的規模の小さい求人サイトに掲載される傾向にあります。あとで説明しますが中小企業のアルバイトは楽なものが多いんです。

ですので、複数の求人サイトを利用したほうが楽なバイトにたどり着きやすいため、比較検討は必ず行いましょう。

①楽して稼ぎたいなら適当に選ばないこと

②条件に合うバイトを見つけるまで根気強く探すこと

 

②自分が少しでも嫌だと思う点があれば応募しないこと

お金を稼ぐためとはいえ、せっかくバイトを始めるなら長く続けられるところがいいですよね。人間関係を構築するのも最初だけでいいですし、長く働き続けるほど昇給や有給休暇などのメリットもあります。

長く続けるためには自分の苦手なことや、嫌だと思う点があるバイトは最初の段階で避けるべきです。

人と話すのが苦手で、できれば一人で作業していたいと思う人が、高時給につられてコールセンターのバイトを選ぶと、働くこと自体が苦になってしまい、結果的に辞めてしまうでしょう。

採用面接では相手の評価を気にせず、自分の不安をすべて質問しておくことで、そういった嫌なバイトを避けることができます。

 

③会社の規模が小さいこと

求人先の会社の規模が小さければ、楽なアルバイトである可能性が高いです。なぜなら大手企業ほどルールが整っておらず、すべての作業を効率化されていないからです。

僕が見つけた小規模企業のアルバイトでは、ルールは結構ラフで、髪色や服装も自由だったり、遅刻しても怒られなかったりととにかく緩いアルバイトでした。

いつ休んでも文句を言われないので、ついつい休みすぎてしまったこともあります。(もちろん休んでも困らない業種だったため)

この手の求人情報はシフトワークスLINEバイトなどに掲載されています。Indeedも広告費が安いため中小企業の求人が多いですが、なかにはグレーな職もあるので、慎重に吟味が必要です。

 

 

実在する楽なアルバイトおすすめランキング

ここからは実際に存在する楽なアルバイト情報をランキング形式でご紹介します。自分で探すのが面倒だという方のヒントになればと思っています。

それではいきましょう!

楽なアルバイトおすすめランキング5位:カラオケ

カラオケのアルバイトは他のバイトに比べると楽なアルバイトの部類に入りますが、落とし穴があります。

仕事自体は客の案内やフードドリンク提供、片付けや皿洗い等ですが、働く場所によって忙しさがかなり違います。同じ系列のカラオケ屋でも大通り沿いなのか、ちょっと街はずれなのかでは客の多さが変わりますので当然働く量も増えます。

大学の近くや、飲み屋の近くはトイレが汚れやすかったり色々面倒なのでこちらも避けたほうが無難です。

基本的には客がこなければずっと暇なバイトなので、おすすめです。

平日は客が少ないのでシフトのねらい目!(しかし土日は忙しいこともある)

 

楽なアルバイトおすすめランキング4位:コールセンター

しゃべるのが苦手じゃなければコールセンターはおすすめです。高時給かつ身体を動かすこともありません。お客さんと会話しつづければ時間が早く過ぎますので、4時間程度であればあっという間です。シフトの融通もききやすいのが良い点です。

しかしコールセンターによってはアルバイトにも営業の電話をさせたり、クレーム対応を任せたりするところもありますので、注意して選んでください。大手企業ほどクレーム対応は末端社員やアルバイトに任せがちです。

そこさえ乗り越えられれば時給1000~1500円はわりとおいしいアルバイトなのではないでしょうか。

 

 

楽なアルバイトおすすめランキング3位:質屋

 

質屋は買いとった商品を店舗ならびにオークションで販売するのが主な仕事になります。店舗での接客は多少あるかもしれませんがそこまで面倒なことは起きません。

オークションの出品も写真の撮影とネット上の作業などの1人でできる仕事なのでチームで動くのが苦手な方におすすめです。

しかし時給がそこまで高いわけではないので、たくさん稼ぎたい人には不向きかもしれません。

 

楽なアルバイトおすすめランキング2位:アフィリエイト系

ブログなどの媒体を通じて広告収入を得る方法をアフィリエイトといいます。個人で運営する人がほとんどですが、なかにはアルバイトに記事を書かせることで作業効率化をはかっている会社も存在します。

基本的にはパソコンと1体1でブログ記事を執筆したりするだけですので、接客が嫌いな方や一人で作業することが得意な方におすすめです。

時給は固定と変動制の二種類あり、自分の書いたコンテンツ次第では時給2000円以上も夢ではありません。在宅を許している会社もあるので、家でパソコンを使うだけで高時給を稼げるバイトです。

しかし、この手の求人は非常に少なく滅多に見つかりませんので、であえたらラッキーくらいに考えておきましょう。

 

楽なアルバイトおすすめランキング1位:データ入力

コールセンターなどに付随するバイトとしてデータ入力というバイトがあります。データ入力はパソコンのタイピング能力に自信があれば重宝される人材になれること間違いなしです。

いかに効率よくパソコンにデータを打ち込めるかというバイトですが、急かされたりすることはめったにありません。(繁忙期を除く)

このバイトもパソコンと1体1で行うので、接客の必要はありません。そして時給1000円以上と高時給な「楽なバイト」になります。

落とし穴としては、データ入力と募集しておきながらコールセンターで働かせる企業もあるという点です。事前に念を押してコールセンター業務でないことを確認しましょう。

 

 

楽だと思って始めたアルバイトでも…

ネット上の求人比較や、面接で念入りにチェックして決めたアルバイトでも、入社してみたら全然違うことをやらされる…なんて案件もあります。

そういうときはとりあえず1週間続けてみましょう。それでも全く納得できないバイトならすぐにやめても大丈夫です。

現場の人間はあなたが辞めることで困るかもしれませんが、そもそもあなたをだましてバイトさせている会社そのものが悪いんですから。

アルバイトしなければ生活できない…という人なら話は変わってきますが、お小遣いを稼ぎたい程度ならメンタルに支障の出る仕事に就くのは損な話です。

就業後のギャップをなくすためにも、気になる点はすべて採用担当者に事前に確認してください。

 

実在する楽なアルバイトまとめ

おいしい話には必ず裏があります。危険なバイトほど求職者の目をくらませますので、高時給すぎるバイトは最初から避けたほうが無難です。

今回は楽して稼ぎたい!という人のために実在するアルバイトをまとめましたが、人によってはその職が合わない人もいると思います。

実際に働いてみてメリットとデメリットを比較したときに、デメリットのほうが大きければすぐに他のアルバイトを探すことをおすすめします。

しかし日本はすぐに辞めるバイトに対して批判的です。あなたが学生または主婦であれば職を転々としても大丈夫ですが、中年~高齢なら徐々に働ける場所が限られてきますので、次の仕事が見つかるまでは辞めないほうがいいでしょう。

今楽をして将来後悔をしたいのか、今頑張って将来楽をしたいのかによって人生は大きく動きます。よく考えて行動しましょう。